【最近気になるもの・・・】楽天市場は値段が高い?

【最近気になるもの・・・】楽天市場は値段が高い?
スポンサーリンク

最近気になるもの・・・

今回は、
【最近気になるもの・・・】楽天市場は値段が高い?
という投稿です。

以前、使う財布の値段の200倍が年収という記事を読んだことがありました。

新しい財布を購入しようかなと検討している際にそのことを思い出し、検索してみると、”PRESIDENT Online”のこちらの記事を見つけました。

年収は、なぜ「使う財布の値段」の200倍になるか? | プレジデントオンライン
お金に好かれる人、お金が逃げていく人の財布を解説! 700個近い財布をウオッチしてわかった、稼いでいる人の財布の法則とは。

PRESIDENT 2011年7月4日号に掲載された記事のようです。

この投稿を書いている7年ほど前の記事です。

持っている財布の値段と年収に相関関係がある、それも”PRESIDENT”の記事で、”200倍”という具体的な数字が出るほどの相関関係があるとなると、財布選びにも頭を使います。

デザイン性・機能性だけではなく、値段も考えなければならない・・・

楽天市場でお財布を検索

お金を稼ぎたければ高い財布を買いましょう

物販アフィリエイトの成果報酬額が高くなる

アフィリエイターの記事?

今の私の頭の中ではこのように変換されてしまうのですが、「生活のため」・「将来のため」に収入を増やしたいので、価格を気にしつつ、楽天市場のサイトへ。

【最近気になるもの・・・】楽天市場は値段が高い?

楽天市場ではお買い物マラソン開催中!

当ブログでも何回か投稿していますが、私が楽天市場でお買い物をするのは、「楽天スーパーセール」もしくは「お買い物マラソン」が開催されているタイミングに「まとめ買い」です。

こちらの投稿を書いている現在は、お買い物マラソンが開催中で、米や衣類などの食料・日用品をまとめ買いして10店舗クリアしたタイミングです。

→楽天市場

「使う財布の値段の200倍が年収」にポイント還元分がどれ程反映されるのか気になりつつ、お財布を探している最中に、もう1つ別のことが気になりました。

楽天市場は高い?

そもそも、楽天市場は商品の価格が高いです。
楽天カードを日常的に使う等して楽天ポイントを貯め、「ポイントを利用してお買い物をする」という人以外には向いていない市場になってしまっています。

■商品数が多い。
■定期的にポイントの還元率が高くなるイベントが開催されている。
■楽天市場以外でもポイントが貯めやすい。

逆に言えば、上記のような特徴があるため、「ポイントを利用してお買い物をする」人にとってはこの上なく便利でお得に買い物が出来る場所です。

それでは、どれぐらい値段が違うかを具体的にみてみましょう。


ファーウェイ・ジャパンは、「Mate」シリーズの新モデルとして、6型スマートフォン「HUAWEI Mate 10 Pro」を発表。12月1日より発売する。

画面に、18:9でフルHD+解像度(2160×1080ドット)の6型OLED HDRディスプレイを搭載したモデル。70000:1のコントラストと、112%の色域を実現する。仕様面では、オクタコアのCPUを中心に、圧倒的な処理能力を付与するドデカコアのGPUと、最大25倍のパフォーマンス向上(同社調べ)を実現する「NPU(ニューラル・プロセッシング・ユニット)」を内蔵するSoCを組み込んだという点が特徴だ。

カメラ機能は、ライカとの協業によって展開。メインカメラは、2000万画素モノクロセンサー+1200万画素カラーセンサーで構成し、ダブルレンズカメラはいずれも、明るさが開放値1.6に向上した。機能面では、AIチップセットの搭載によって、被写体に対してリアルタイムで分析を行い最適な撮影方法を提案。また、被写体の動きを予測して、光の少ない場所でも被写体がブレることなくとらえる。インカメラは800万画素で、独自のAIアルゴリズムによって、シングルレンズでも正確なボケを演出するとのことだ。

このほか主な仕様は、プロセッサーが「Kirin 970」、メモリーが6GB、内蔵ストレージが128GB。microSDカードスロットは非搭載。ユーザーインターフェースは「Emotion UI 8.0」を採用。バッテリー容量は4000mAh。DSDSにも対応する。OSは「Android 8.0」をプリインストールした。

無線通信はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN規格、Bluetooth 4.2 with BLEをサポート。IP67相当の防水・防塵性能にも対応する。本体サイズは74.5(幅)×154.2(高さ)×7.9(奥行)mm、重量は約178g。ボディカラーはミッドナイトブルー、チタニウムグレーを用意する。

市場想定価格は89,800円(税別)。

引用価格.com

HUAWEI Mate 10 Pro、昨年の12月1日に発売されたハイエンドSIMフリースマートフォン。

国内で使用できるスマートフォンの中で、DSDS(SIMカードが2枚入って、同時に2回線使える)に対応する上、そのようなスマートフォンではなかなか見かけることが無かった、IP67相当の防水・防塵性能を備えています。

そしてカメラは、AIチップ搭載のLeica製。

物欲を満たしてくれる1品です。

こちらの製品の価格を、有名なオンラインショッピングモールで調べてみましょう。

以下の価格はこの投稿を書いている「今」現在の価格です。

Amazon.co.jpでの価格

Amazon.co.jpでの価格は、prime、新品で73,500円〜

楽天市場での価格

楽天市場での価格は、新品で80,200円(送料別)〜

→HUAWEI MATE 10 PRO 価格比較(楽天市場)

YAHOO! JAPAN ショッピング(ヤフーショッピング)での価格

YAHOO! JAPAN ショッピング(ヤフーショッピング)の価格は、
新品で79,000円(送料込)〜

HUAWEI MATE 10 PRO (価格比較) ヤフーショッピング

価格.comで調べると・・・

【最近気になるもの・・・】楽天市場は値段が高い?

新品で69,183円(送料込)〜です。

注目していただきたいのは、
→HUAWEI MATE 10 PRO 価格比較(楽天市場)
との違いです。

同じショップなのに値段が違う

「価格.comのキャプチャ画像」と「楽天市場での価格比較のリンク」を見比べていただくと、価格.comで値段が安いランキングの上位のお店は楽天市場にも出店し、楽天市場で、自社ECサイトよりも10,000円以上高い値段設定をしているショップがあります。

楽天市場で値段が高いのは出店料がかかるから

楽天市場と自社のECサイトとで価格が違うのは、楽天市場に出店するために出店料を払う必要があるためです。

楽天市場を訪れる人の多さは、ショップオーナーにとって大変魅力的。
出店料を払って、楽天市場内にお店を開きます。
そして自社サイトよりも高めの値段を設定して楽天市場で販売します。

【最近気になるもの・・・】楽天市場は値段が高い?

Amazon・楽天市場・YAHOO! JAPAN ショッピング
(ヤフーショッピング)全てに出店しているショップもある

調べると、自社ECサイト以外に、Amazon、楽天市場、YAHOO! JAPAN ショッピングの3つ全てに出店しているショップを見かけることがあります。

そして、それぞれで値段設定が異なっているのを見かけることがあります。

この場合、大抵楽天市場が値段が1番高いです。
これも出店料の違いが要因でしょう。

ちなみにYAHOO! JAPAN ショッピング(ヤフーショッピング)は次のようになっています。

登録の際にかかる「初期費用」、毎月かかる固定費「月額システム利用料」、「売上ロイヤリティ」も無料

Amazonは次のようになっています。

【最近気になるもの・・・】楽天市場は値段が高い?

【最近気になるもの・・・】楽天市場は値段が高い?

楽天市場への出店をやめるショップもある模様・・・

調べてみると、楽天市場の出店料が高いがために、AmazonやYAHOO! JAPAN ショッピング(ヤフーショッピング)に出店して、楽天市場への出店をとりやめる選択をするショップが以前からあるようです。

楽天市場と楽天カードのヘビーユーザーである私は、
「楽天市場が今後どうなっていくのか?」
気になります。

楽天市場を利用するならポイントの有効活用が必須!

楽天市場を利用するなら、ポイントの有効活用が必須です。
そしてポイントを有効活用するために必要になるのが、楽天カード。

楽天カード新規入会キャンペーン

楽天カードを利用していない人は、Amazonもしくは「価格.comで価格が安いショップ」でお買い物をした方が確実に安く買い物ができます。

YAHOO! JAPAN ショッピング(ヤフーショッピング)も
ポイントに積極的

また楽天市場同様、YAHOO! JAPAN ショッピング(ヤフーショッピング)もポイント還元にかなり積極的で、様々なキャンペーンが行われています。

そのため、楽天市場よりも安い値段設定になっているYAHOO! JAPAN ショッピング(ヤフーショッピング)を利用する際も、楽天市場と同じ理由でポイントの有効活用が必須です。

そしてポイントを有効活用するために必要なのがこちらです。


まとめ

今回は、
【最近気になるもの・・・】財布・楽天市場
という投稿でした。

※財布は結局、購入を見送ることにしました。

今回は、3つの有名なオンラインショッピングモールである、Amazon・楽天市場・YAHOO! JAPAN ショッピング(ヤフーショッピング)を比較し、楽天市場での値段が他のオンラインショッピングモールよりも高い理由、同じショップが出店していてもそれぞれのショッピングモールで価格が違う理由について書いてみました。

「楽天市場が今後どうなっていくのか?」

気になります。