【12月31日まで!】★ふるさと納税★楽天市場でも出来ます!

【12月31日まで!】★ふるさと納税★楽天市場でも出来ます!
スポンサーリンク

ふるさと納税

今回は、
【12月31日まで!】★ふるさと納税★楽天市場でも出来ます!

というテーマで投稿してみたいと思います。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、個人が納めている住民税の内およそ2割を目安に自分のふるさとや応援したい自治体へ寄附することで、

年間の合計寄附額のうち2,000円を超える部分について、税の控除を受けることができます。

寄附する際には、自治体によって寄附金の「使い道」が指定でき、各地域の魅力的なお礼の品をもらえます。

引用ふるさとチョイス様

つまり、ご自身が現在住民税を納税している以外の自治体に「寄付」をすることで、その自治体にお金の面で力添えをすることが出来るだけでなく、「寄付」をした自治体から、その自治体の特産品を「お礼」としてもらうことができ、さらにご自身の税金の控除を受けることができるという大変魅力的な制度です。

簡単に言えば、今まではただ単純に税金をご自身がお住いの自治体に納めていたものを、「ふるさと納税」することで「お礼」をもらうことが出来るという仕組みです。

ただ税金を納めるぐらいなら、同じ金額を払うことで「お礼」としてその自治体の特産品を貰える方が嬉しいはず。

非常に合理的な助け合いの制度だと思います。

手続きが面倒くさいのでは?

「ふるさと納税」と検索すると、「税金」・「確定申告」といった言葉が出て来るかと思います。「手続きが面倒なのでは?」と心配になりますね。

私もそうでした。
ですが、実際はとても簡単です。

それは、ワンストップ特例制度という制度があるからです。

ワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度とは、確定申告を行わなくても、ふるさと納税の寄付金控除を受けられる仕組みです。

ふるさと納税先の自治体が、1年間で5自治体までであれば、この制度を活用できます。

※6回以上ふるさと納税を行っても、5自治体以内であればワンストップ特例制度をご活用いただけます。

引用さとふる

「ふるさと納税」をするときに「ワンストップ特例制度」を利用するかしないかを選ぶことができます。

そして、「ワンストップ特例制度」を利用する方を選択肢して「ふるさと納税」を行うと、寄付」を行った自治体から、返戻品(お礼)の他に書類が送られてきます。

その書類には大抵の場合見本が入っており、その見本通りに必要事項の記載と押印、指定された身分証明書の写しを添付して返信すれば、それで「ワンストップ特例制度」の手続きは完了です。

とても簡単★

【12月31日まで!】★ふるさと納税★楽天市場でも出来ます!

「ふるさと納税」をする人は急増中!

【12月31日まで!】★ふるさと納税で節税★楽天市場でも出来ます!

【12月31日まで!】★ふるさと納税で節税★楽天市場でも出来ます!

引用自治税務局市町村税課様

非常に分かり易いグラフと表がありました。

平成28年1月1日から12月31日までの間に「ふるさと納税」を行った人は2,252,793人います。

平成26年以降の「ふるさと納税」を行った人数の推移を見ると、ここ数年、いかに「ふるさと納税」が身近なものになったか、よく分かりますね。

ご自身がふるさと納税をいくらまで出来るか調べる方法

非常に合理的な助け合いの制度であるふるさと納税ですが、いくらまでならご自身にとってお得なのかというボーダーラインがあります。

年収やご家族構成によって一概には言えないのですが、最近は便利なツールがあります。

⇒2017年(平成29年)控除金額シミュレーター

こちらのシミュレーターで、自己負担額が2,000円になり、尚且つ控除額が出来る限り多くなるように「ふるさと納税」寄附金額を調整するのが、「ふるさと納税」の賢い利用の仕方であり、醍醐味の1つです。

ふるさと納税額目安

リンク先の表に記載されている金額を目安にシミュレーターを使ってみましょう。

ふるさと納税はどこでする?

そもそも「ふるさと納税」はどこで納税するものなのか?と疑問に思われた方、実はとても身近な場所で出来ます。

それはなんと、楽天市場です!

楽天市場でふるさと納税!

多くの人が1度は利用したことがあるであろう、「楽天市場」。
実は楽天市場でふるさと納税を行うことができるのです。

▼楽天市場のふるさと納税のページへのリンクはこちら▼


お肉

 


 


 


海鮮

 


 


 


お米

 


 


 


その他にも魅力的な返礼品(お礼)がたくさん!!!

リンクを貼ったのはほんの1例で、他にも魅力的な返礼品がたくさんあります。

楽天の「ふるさと納税」のページはこちら!

そしてもちろん、楽天ポイントが貰える!使える!
これも重要なポイントです。

余談ですが、私はこちらに「ふるさと納税」しました。

 


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】清らか湧水育ち!霧島湧水鰻 5尾 ☆ B-108
価格:20000円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)


 


私の年収だとこれぐらいがギリギリでした。

美味しいお米にうなぎ!
美味しいお米に桜えび!

お米もどっさり。

幸せです★

ただ単純にお金を払って何も残らないのか、それとも返礼品として特産品をいただくことができる上に税金の控除を受けることができるのかでは大違いです!

まとめ

今回は、
【12月31日まで!】★ふるさと納税★楽天市場でも出来ます!

というテーマの投稿でした。

29年分のふるさと納税は12月31日まで
1月1日からは翌年分の控除になってしまいます。

今年も残りあと少しです。
年収を確認して、気軽に楽天市場でふるさと納税!

良かったら試してみてください☆☆☆

2017年12月25日追記!

もしも「楽天市場」「ふるさと納税」したい返礼品が無い・・・という場合はこちらのサイトがあります。

さとふる

「さとふる」のWEBサイトでは、下記のような記載があります。

1.「ふるさと納税サイト」と聞いて思い浮かぶサイトとして、「さとふる」と回答した人が最多「ふるさと納税サイト」と聞いて思い浮かぶサイトとして、「さとふる」と回答した人が最多で、次点の民間企業運営のサイトの約4.75倍でした。
なお、民間企業運営のサイトの他には、総務省ふるさと納税ポータルサイトなどが挙げられました。

2.「ふるさと納税サイト」と聞いて思い浮かぶと回答された上位5サイトのうち、「さとふる」の利用意向がNo.1本アンケート調査において、「ふるさと納税サイト」と聞いて思い浮かぶと回答された上位5サイトのうち、「さとふる」が「利用したい」または「やや利用したい」という回答を最も多く集めました。

引用さとふる

テレビCMをやっているので、知名度が高いのは納得です。
「CMを見たことがある!」という人も少なくはないでしょう。

「楽天市場」には出品していない市区町村を「さとふる」で見かけることもあります。

ちなみに、「さとふる」「ふるさと納税」の最新ランキングはこちらです!

最新ランキング

平成29年分は12月31日(日)の23:59まで!

まだ「ふるさと納税」していない!という方は、お早目にどうぞ!!!