【期待大!】ヤフーショッピングのアフィリエイト

【期待大!】ヤフーショッピングのアフィリエイト アフィリエイト
スポンサーリンク

ヤフーショッピングのアフィリエイト

ここ半年程、私が運営しているサイトのいくつかで成果報酬が増えて気になっているものがあります。

それは、ヤフーショッピングの物販アフィリエイトです。

 

今回は、
【期待大!】ヤフーショッピングのアフィリエイト
というテーマで投稿してみたいと思います。

 

期待大!!!

私が運営するサイトで物販アフィリエイトをしているものに関しては、「カエレバ」を使用させていただいています。

【カエレバ】複数のサイトの商品を紹介できる便利ツールです☆
medi8とAdSenseに加えてさらに収益を増やす方法として、ASPに登録するという方法をご紹介しました。今回は「カエレバ」というツールを使って、同じ商品を「楽天市場」「Amazon」「Yahooショッピング」「7net」で同時に紹介する方法をご紹介します。無料で使える「カエレバ」、本当に便利です!

 

もしもアフィリエイト経由で「Amazon」「楽天アフィリエイト」のIDを、バリューコマース経由で「Yahoo!ショッピング」のIDを取得して、「カエレバ」に登録しています。

 

⇒ もしもアフィリエイトトップへのリンク

⇒ バリューコマース

 

6ヶ月前の成果報酬の割合 

■Amazon:5
■楽天市場:4
■Yahoo!ショッピング:1

現在の成果報酬の割合

■Amazon:3
■楽天市場:4
■Yahoo!ショッピング:3

 

Yahoo!ショッピングが期待大!!!の伸び率です。

 

※成果報酬は記事数に比例して増加しています。
※割合は成果報酬の金額比です。

 

【予測】成果報酬の割合が変化した要因

ここからは、成果報酬の割合が変化した要因に関しての私の予測を書いてみたいと思います。

 

■Amazonの割合が下がった理由

Amazonの割合が下がった理由は私の中で明確です。

 

今までカエレバの画像部分(メイン部分)は基本的にAmazonにしていました。
理由は、画像のリンク切れが少ないからです。

 

↓このような状況です↓



そのため、ASPのレポートを見てみると、クリック数はAmazonが多かったです。

 

これは単純に、
「商品画像をクリックしてAmazonのサイトに遷移するユーザーが多い」
「日常的にAmazonを利用している人が多い」
という理由でしょう。

 

 

しかし最近は、Amazonだけではなく楽天市場のリンクをメイン画像に選ぶ回数が増えました。
理由は、「楽天アフィリエイトの特徴である30日のCookieの活用」です。

 

 

欲しい商品に目を付けておいて、「楽天スーパーセール」「お買い物マラソン」といったタイミングで商品を購入!という方も少なくなさそうです。
「30日のCookie」を利用しない手はないと考えました。
(※ちなみにAmazonのCookieは24時間です。)

 

 

メイン画像を楽天市場の商品も混ぜるようにしてから、楽天アフィリエイトのクリック数はおよそ1.7倍になりました。
(※Amazonは0.8倍に・・・)
(※6ヶ月前との比較です。)

 

 

「カエレバ」のメイン画像、もしくはAmazonボタンをクリックしてAmazonのサイトに遷移した方でも、24時間以内に商品が購入されなければCookieは破棄されてしまいます。

 

 

おそらくトップ画像をAmazonのみから変えたことにより、成果報酬の割合は下がりました。

 

■楽天市場の割合が変わらない理由

商品リンクから楽天市場に遷移したユーザーがそのまますぐに、楽天市場で何らかの商品を購入する率はそこまで高くないのではないかと考えています。

 

例えば、「ポイントの還元率がアップするタイミングで買う」「スーパーセールで買う」など、購入する商品に目星を付けておいて、そのタイミングが来たら買うといった状況です。

 

購入するタイミングでは他の人のアフィリエイトリンクをクリックして、成果報酬の権利が移行しているケースも少なくないように思います。

 

ただ、それでも「30日のCookie」の恩恵を受けることができていると考えます。
金額と共に、成果発生件数(成果承認件数)は増加しているためです。
成果金額の増加率で考えると、今までの1.3倍程になりました。

 

この部分に関しては、もう少しABテストを実施して割合変化を見てみようと思います。

 

■ヤフーショッピングの割合が増えた要因

ヤフーショッピングは成果報酬の金額が大幅に増えました。
特に商品リンクの掲載の仕方は変えていないにも関わらず・・・です。

成果報酬金額で比較した場合、半年前の7倍強という数字でした。

 

福岡ソフトバンクホークス関連のキャンペーンが多く行われていたことが要因の1つとして明確にありますが、それ以上にヤフーショッピングユーザーの割合が増えているのではないかと考えます。

 

もちろんアフィリエイトで紹介している商品のジャンルによるところも多いとは思いますが・・・

 

少しヤフーショッピングについて調べてみたいと思います。

 

ヤフーショッピング

正式名称はYahoo!ショッピングのようです。

 

「ユーザー側にメリットがある特徴」「出店者側にメリットがある特徴」をざっくりとまとめてみたいと思います。

 

ユーザー側にメリットがある特徴

まずはユーザー側のメリットです。

 

■Tポイントが利用できる。
■ポイント還元率アップのキャンペーンがある。
■キャンペーン開催頻度が高い。
■Yahoo!ショッピングにしか出店していない店舗がある。
■Amazonや楽天市場で売り切れの商品を販売している店舗がある。

 

出店者側にメリットがある特徴

ネットショップ開業ならヤフーショッピング
ネットショップ開業をご検討の方へ。ネットショップを開くなら、簡単・無料のヤフーショッピングで。日本最大級の集客力。

 

出店案内のサイトがありました。

 

■初期費用無料
■毎月の固定費無料
■売上ロイヤルティが無料
■アクティブユーザー数が毎月2829万人

 

【期待大!】ヤフーショッピングのアフィリエイト

引用ネットショップ開業ならヤフーショッピング

 

ヤフーショッピングは出店する側にメリット大!

出店案内のサイトにあった上のグラフが分かりやすいですね。

 

ヤフーショッピングは、他のオンラインショッピングモールと比較すると、「出店する側」にメリットが大きいようです。

 

結果的に次のような構造になることが予想されます。


「出店先を比較し、ヤフーショッピングにだけ出店!」
(出店者)

 

「Amazonや楽天市場で売り切れの商品がヤフーショッピングにあった!」
(購入者)

 

 

「売れた!」
(出店者)

 

 

「Amazonと楽天市場で売り切れ・・・ヤフーショッピングも見てみよう!」
(購入者)


 

「出店する側にメリット大」が購入者のメリットにつながります。

 

この構造が、物販アフィリエイトの成果報酬で、
「Yahoo!ショッピングが期待大!!!の伸び率」
になっているのではないかと考えています。

 

福岡ソフトバンクホークス関連のキャンペーンが多く行われ、初めてYahoo!ショッピングを利用した!という人が増えた可能性も考えられます。

 

まとめ

今回は、【期待大!】ヤフーショッピングのアフィリエイトというテーマで投稿してみました。

 

記載した内容はあくまで私の現在の考えで、物販アフィリエイトで紹介する商品カテゴリーによっては全く当てはまらないかもしれません・・・。

 

ただ、「カエレバ」を使っている方で、「Amazon」「楽天市場」だけのリンクを掲載しているサイトをよく見かけますが、「ヤフーショッピング」を合わせて掲載することで機会損失を防ぐことができる可能性があります!

 

「カエレバ」で使用するヤフーショッピングのアフィリエイトのIDは、バリューコマースで取得することができます。

 

⇒ バリューコマース

 

まだ取得されていない方は、早めに取得することをおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました