転職もしくはアフィリエイトを本業にして稼ぐという選択の前に・・・

転職もしくはアフィリエイトを本業にして稼ぐという選択の前に・・・
スポンサーリンク

転職もしくはアフィリエイトを本業とする選択肢

この「薄給を補うために奮闘するブログ」は、本業の給料が少ないため、生活費をまかなうことを目的にスタートしました。

副業としてアフィリエイトを行い、アフィリエイトで稼ぐためにおすすめしたい方法を投稿しています。

ただし、本業の給料の少なさを補うためには、「転職」や、「アフィリエイトを本業にする」という選択肢があります。

今回は、「転職もしくはアフィリエイトを本業にして稼ぐという選択の前に・・・」というテーマで投稿してみたいと思います。

転職エージェントに登録

現在私は3つの転職エージェントに登録しています。
「リクルートエージェント」「JAC Recruitment」「ビズリーチ」です。

こちらのサイトを参考にさせていただきました。

【人材紹介会社比較】マイナビエージェントとDODAの後に、リクルートエージェントに登録。
「私の体験と周囲の体験談から、「エージェント型」サービスに申し込む順番は、 【マイナビエージェント】と【DODA】を同時に申し込んで、【マイナビエージェント】と【DODA】の面談が終わってから【リクルートエージェント】に登録をおすすめします。」と記載しました。今回はその理由を大手3社の比較と合わせて記載します。
【人材紹介業界第3位】業界の中でも特徴があるJAC Recruitment
株式会社ジェイエイシーリクルートメントが運営するサービス、JAC Recruitment 。こちらもエージェント型の転職サービスを提供する企業です。JAC Recruitmentは、「リクルートエージェント」「DODA」に次ぐ業界第3位の人材紹介会社。特徴がある人材紹介会社なので、その特徴を把握しておきましょう。
【BIZREACH(ビズリーチ)】ハイクラスの転職に強い、勢いのある企業によるサービスです。
今回の投稿は「ハイクラスの転職」にスポットを当ててみたいと思います。 「ハイクラス」の転職は、現在の「年収」「キャリア」を維持しつつ、「労働環境」「福利厚生」「やりがい」を求めて転職を考える方が多いようです。勢いのあるBIZREACH(ビズリーチ)を含めハイクラス求人を求める方におすすめなサイトを記載してみます。

実は半年程前に参加した、WordPressの勉強会で知り合った方が運営しているサイトです。

3つのエージェントからお仕事の紹介は定期的にあります。
ただ、「現在の本業の給料+副業(アフィリエイト収入)+やりたい仕事」を全て満たすことができる求人となるとなかなか・・・

ちなみに、紹介していただける量に関しては「リクルートエージェント」、
求人の質(希望に近い求人)に関しては「JAC Recruitment」、
給料が高い求人(管理職もしくはその候補・ユニークな求人)は「ビズリーチ」という印象です。

ただ、今の仕事より帰宅時間は2~3時間、遅くなります。
休日出勤も発生しそうです。

一旦転職に関しては検討中です。

キャリアコンサルタントに、
「アフィリエイトを本業にすること」を相談してみました。

担当してくださっているキャリアコンサルタントと面談をする中で、何度か「アフィリエイトを本業にすること」も「それとなく」相談してみました。

キャリアコンサルタントさんは3社とも、「おすすめは出来ない」との回答でした。

理由は以下の内容でした。


  1. 収入面。
  2. 信頼がなくなるため、住宅ローンやクレジットカードが作れなくなる。
  3. プロのアフィリエイターとして生きていくのは簡単ではない。

・・・おっしゃる通りです。。

自由な時間を持てる職場への転職希望者が増えているらしい。

キャリアコンサルタントの方にお伺いした内容だと、ここ数年、「自由な時間を持てる職場への転職希望者が増えている」とのことでした。

働き方改革で、「週休3日の正社員」「リモートワーク可」など、自分の時間を大切にしながら働くことができる職場の求人自体も増えてきているようです。

休日日数が多いという理由で、新卒でタクシーの運転手を希望する方も多いようです。
私の感覚ではタクシーの運転手さんは大変な仕事だと思いますが、福利厚生が充実している上初任給が高く、人気があるようです。

激務というイメージがありましたが、、、時代は変わりますね。

アフィリエイトを本業にしたいという方も増えているらしい。

将来的に、「アフィリエイトを本業にしたい」という希望者も増えているそうです。
正確には、「アフィリエイトを本業にして、副業で正社員として働きたい!」という転職希望だそうです。

逆転の発想ですが面白いと感じました。

「最低限の収入と金銭面での社会的な信用を残しながらアフィリエイトで稼ぐ!」。
憧れです。

ただ、そのような求人は正社員ではなかなか難しいようです。。。

アフィリエイトを本業にして生計を立てられる人とは?

登録しているうちの1社のキャリアコンサルタントの方との面談の中であったのですが、「アフィリエイトを本業にする」には、「その人自身の経験や専門性が、読者をひきつけられる程魅力があるかどうかが勝負」という前提の元、「その勝負の土台に上がるために毎日朝から晩まで作業することができ、収入が得られるかどうかの日々の不安に勝てる精神力を持ち合わせたほんの一握りの人が、生活していくだけの収入をアフィリエイトだけで稼ぐことができる」というお話をいただきました。

実際にお知り合いにアフィリエイトで生計を立てて、そのお金を元に投資をして生活している方がいるそうです。

その方がもし企業で働いていたら、短期間で役員クラスまで昇格でき、色々な企業から声がかかるのが想像できる程、優秀な方なのだそうです。

アフィリエイトを本業にして稼ぐためには、企業に属していても、昇格してヘッドハンティングされるぐらい優秀でビジネスセンスがないと難しいのかもしれません。

転職もしくはアフィリエイトを本業にして稼ぐという選択の前に・・・

「希望の職場に転職をする。」「アフィリエイトを本業にする。」
どちらの選択肢も現在の私には難しそうです。

ひとまず現在運営しているサイトでの収益増を目指してみたいと思います。
今回は私自身の体験談というか日記のような内容の投稿でした。

ちなみに、前述したWordPressの勉強会で知り合った方が、この方法は面白い!という内容を紹介していました。

【脱サラ・フリーランス】は簡単に考えると危険。
【脱サラ・フリーランス】は簡単に考えると危険。採用担当をしていて履歴書を見ていると、フリーランスとして働いていた経歴がある応募者がここ数年で大幅に増えました。フリーランス → 企業復帰を目指すには、人材紹介会社に頼るのが1番です。それは、企業→企業の転職よりもハードルが高い部分があるからです。

こちらの記事の最後の方で、「退職前にフリーランスとしてやっていけるか確認する方法。」を紹介されています。

ココナラを利用する方法です。

▼ココナラへのリンク▼

ご自身の得意分野を出品して、その分野に入札(サービス依頼)があれば、ご自身のスキルや知識・経験に対してニーズがあることが分かります。

またココナラで副収益を得ることができると分かるため、フリーランスへの安心感にほんの少しだけつながるでしょう。

アフィリエイトを本業にして稼ぐことを検討されている方にはとても良い方法だと思いました。

私もWordPressサイトのSEO対策でココナラに出品している方にお世話になったことがあるので、タイミングを見て出品する側を目指してみたいと思います。

以上、「転職もしくはアフィリエイトを本業にして稼ぐという選択の前に・・・」でした。
最後まで当ブログを読んでいただき、ありがとうございました。