【アフィリエイトで稼ぐコツ!】ブログ・サイトでA/Bテスト

【アフィリエイトで稼ぐコツ!】ブログ・サイトでA/Bテスト
スポンサーリンク

【アフィリエイトで稼ぐコツ!】
ブログ・サイトでA/Bテスト

今回は、【アフィリエイトで稼ぐコツ!】ブログ・サイトでABテストというテーマで投稿してみたいと思います。

このテストは結構面白くて、コンテンツが同じでも、収入が大きく変わることがあります。
そのため、A/Bテストの実施は、「アフィリエイトで稼ぐコツ!」の1つだと考えています。

A/Bテストとは?

A/Bテストとは、異なる2パターンのWebページを用意し、実際にユーザーに利用させて効果を比較するテストのこと。Webページのデザインやレイアウト、サイト内導線の最適化をはかるために用いる。split testing、ABスプリットテスト、スプリットランテストということもある。

(※コトバンクより)

WEB業界で働いている方、広告業界で働いている方、マーケティングを担当している方は、A/Bテストという言葉を使う機会も少なくないと思います。

アフィリエイトサイト・ブログで言えば、「1ヶ月間」などのように明確に期間を定めて、広告の配置を含めたサイトのレイアウト、色やデザインなどを変えて、CVR等の変化をテストします。

A/Bテストを行う理由

A/Bテストを行う理由は、どのような広告配置が良いのか、どのようなカラーリング・デザイン・構図が良いのかをアフィリエイトサイト・ブログでテストすることにより、収益アップを図るためです。

A/Bテストを行うタイミング

どのタイミングでA/Bテストを行うべきかは一概には言えませんが、私は月間PV数が5,000を超えたぐらいから、「1ヶ月ずつ」と期間を限定してA/Bテストを実施するようにしています。

運営しているアフィリエイトサイト・ブログで月間PV数が5,000を超えたものに関しては必ず実施するようにしています。

それは、次のサイト作りに大変役に立つからです。
WordPressで作ったサイト・ブログであれば、広告位置やデザインの変更は非常に簡単な作業です。

そのような意味でもアフィリエイトはWordPressで行うことをおすすめします。

medi8とAdSenseに相性の良いアフィリエイトサイトを作る(WordPress編)
medi8とAdSenseに相性の良いアフィリエイトサイトを作る これまで何回かに渡って、medi8とAdSenseに相性の良いアフィリエ...
medi8とAdSenseに相性の良いアフィリエイトサイトを作る(レンタルサーバーとドメイン)
今回も、「medi8とAdSenseに相性の良いアフィリエイトサイトを作る」の続編です。前回はWordPress導入のメリットと、おすすめする理由を記載しました。 今回はWordPress導入を含め、「レンタルサーバー」と「ドメイン」というテーマについて記載したいと思います。キーワードは、サイトの表示速度を早くする。
medi8とAdSenseに相性の良いアフィリエイトサイトを作る(エックスサーバーとお名前.com)
medi8とAdSenseに相性の良いアフィリエイトサイトを作る(エックスサーバーとお名前.com)。今回は「お名前.com」で取得したドメインをエックスサーバーで使用する方法について記載したいと思います。文章だと難しそうに見えるかもしれませんが、1度やってしまえば簡単なものです♪♪ぜひチャレンジしてみてください。

A/Bテストの具体的な内容

私が実施しているA/Bテストは以下の内容です。

  1. 広告配置
  2. テーマ(デザイン)
  3. 投稿する時間
  4. 1投稿あたりの文字数
  5. ・・・etc…

【広告配置に関して】
AdSenseであれば、「テキスト広告とディスプレイ広告」「インフィード広告」「記事内広告」を切り替えたり、今までAdSenseだった場所にmedi8の広告を入れてみたりしています。

広告が投稿記事に馴染みすぎて目立たないのがクリックされない原因かな?と調べたり、PV数を考えるとAdSenseを配置するよりmedi8の方が収益上がるかな?であったり、色々と考えながら実施しています。

また、1ページあたりの広告数を変えることもあります。
広告数を変えることでクリック単価が変わる(ことがある)ため、月間でどのぐらい収益が変わるかを実験します。

【テーマ(デザイン)に関して】
私の場合はWordPressなのでテーマを変えることでデザインを簡単に変えることができます。
デザインを変えることでCVRに変化があるかどうか(稼ぐことができる金額が変わるか)を見ています。

【投稿する時間・1記事あたりの文字数】
投稿する時間や文字数に関しては、SEO的な面であったり、PV数の変化を見る目的で行うことが多いです。

A/Bテストを行う上での注意点

A/Bテストはアフィリエイトで稼ぐために、非常に重要な作業であると考えています。
ただし、注意点もありますので、ここからは注意点について記載してみます。

サイトタイトル・投稿記事のタイトルは変えない!

サイトのタイトル、投稿記事のタイトルは変えないようにしています。
特にインデックスされている投稿に関しては、タイトルを変えてはいけません。

SEOに影響が出る可能性が高いです。

目的を明確にしてA/Bテストを実施する!

何を調べるためのA/Bテストか、目的を明確にしてから実践しましょう。
闇雲にテストをしても次に活かすことができません。

広告配置であれば、「目立つ方が良いのか馴染む方が良いのかのテスト」というように、テストのテーマを決めて、実施期間や結果はNumbers(Excel)にまとめ、次回のテストやサイト作りに活かせるようにしています。

A/Bテストの内容以外に結果に影響しそうな要因をできるだけ排除する!

「A/Bテストの内容以外に結果に影響しそうな要因をできるだけ排除する!」ことは、A/Bテストを行う上での基本です。

テスト結果がA/Bテストによるものなのか、別の事柄に起因しているのかが明確に分からなければ、A/Bテストを実践する意味がありません。

同様の理由から、1度のA/Bテストでテストする項目は1つだけです。

例えば、「広告配置」+「投稿文字数」でテストをして稼ぐことができる金額が増えた場合、その効果を得られたのが「広告配置」からなのか「投稿文字数」からなのかが判断できません。

稼ぐことができる金額が増えた=ポジティブな効果があったわけなので、そのサイトに関してはそのままの状態を維持すれば良いのですが、次のサイト制作に活かすことができません。

また得られた結果が収益減などのネガティブなものだった場合、「広告配置」を元に戻せば良いのか、「投稿文字数」を元に戻せば良いのかが分からないため、選択肢としては両方元に戻すということになります。

本来稼ぐことが出来た金額を逃しただけでなく、何のテスト結果も得られないため、単に「時間と労力の無駄」になってしまいます。

まとめ

【アフィリエイトで稼ぐコツ!】ブログ・サイトでA/Bテストは、A/Bテストを行うことで稼ぐ金額を増やすことができるだけでなく、「経験」や「知識」、アフィリエイトのノウハウを学ぶことができるため、タイミングを見て実施することをおすすめします。

「アフィリエイトで稼ぐコツ!」の1つです。

しかし、目的ややり方を間違ってしまうと、何も得られず時間の無駄に終わってしまいます。

有意義なテストになるよう、事前にしっかりと目的を決めて実施し、結果を次に活かせるものにしましょう。

また、アフィリエイトサイト・ブログの運営だけでなくテストを実施しやすいという意味でも、WordPressを使ってのサイト制作やブログ運営がおすすめです。