【時給換算は絶対にNG】アフィリエイトが稼げないと言われる理由。

【時給換算は絶対にNG】アフィリエイトが稼げないと言われる理由。
スポンサーリンク

アフィリエイトが稼げないと言われる理由。

アフィリエイトが稼げないと言われる理由は数多くあります。

今回はその理由について記載してみたいと思います。

1. 収入を時給換算してしまっている。

アフィリエイトサイトを1つ作るにも、ブログを1つ投稿するのにもある程度時間がかかります。

PV数が少ないサイトであれば、ブログを1つ投稿したぐらいでは全くお金にはならないと思います。

そして収益が発生した時に、「収益」÷「作業時間」を計算してしまい、「時給に換算すると1円に満たない・・・」といった状況が発生します。

アフィリエイトは時給換算してはぜったいに駄目です。

コンテンツは財産

1つの投稿、1つのサイト制作によって出来上がったコンテンツは「財産」と考えてみましょう。

コンテンツを大切に1つ1つ大切に増やしていくことで、次第にPV数が増え、時給換算した際の「時給」も増えていきます。

アフィリエイトサイトからの収入が月に10万円、100万円と上がっていけば、時給は1,000円、5,000円、10,000円と上っていきます。

また時給の上がり方は、 “y=axのような、指数関数のグラフ的な上がり方をします。

【時給換算は絶対にNG】アフィリエイトが稼げないと言われる理由。


上のグラフで言えば、Y軸が「収益」、X軸が「コンテンツ数」です。

コンテンツ数が増えると、あるタイミングで急激に収益が増えるタイミングがやってきます。

そのタイミングは、アフィリエイトサイトのテーマ、キーワードの選び方、更新頻度などの様々な要素によって変わってきます。

最初の段階で時給換算は絶対にNGです。

少し長いスパンでアフィリエイトサイトの更新を続けていくと、時給換算をした時に満足できる金額になっているはずです。

コンテンツ制作は経験値

コンテンツは「財産」ですが、コンテンツ制作は「経験値」です。

どのようなテーマをどのような切り口から見てコンテンツを作っていくと、 “y=ax“のグラフの”a“を大きな値にすることができるのか、方法が分かってきます。

(x=3の場合)

■a=2 → Y=8
■a=3 → Y=27
■a=10 → Y=1000

また上記のように、a“を大きな値にすることで、収益を大幅に増やすことができるのがアフィリエイトです。

これはPV数に関しても当てはまる事柄です。

アフィリエイトサイトの制作・運営を続けて、a“を大きな値にする方法を探してみましょう。

なんとなく“a”を大きな値にする方法が分かった頃に時給換算をすれば、「アフィリエイトは稼げない」という考えは変わると思います。

「継続は力なり」です。

2. 情報商材に惑わされない。

色々なサイトで、「1週間で10万円稼ぐ方法!」等のノウハウ紹介の情報商材が売られていて、私もアフィリエイトを始めたばかりの頃に購入したことがありました。

「1週間で10万円稼ぐ方法!」
魅力的ですね。

結果は、10万円どころかほとんど稼げませんでした。。。

「努力不足」「センス」、色々な要因があったかもしれません。

ただ、この内容でそんなに稼ぐのは無理なのでは・・・?と届いた商材の「稼ぐ方法」を見た際に思いました。

もちろん全ての情報商材が「稼げないもの」ではないとは思います。

情報商材の販売もアフィリエイト

ご存知の方が多いかと思いますが、情報商材の販売もアフィリエイトです。

そのため、魅力的な言葉が並ぶサイトが作られています。

「インフォトップ」というサイトが情報商材のアフィリエイトで有名ですが、A8.netなどでも情報商材のプログラムが用意されているので、「情報商材のアフィリエイトを試してみたい」という方は挑戦してみても良いかもしれません。

前回のブログで、
【面白い程効果が出るかも?】単価が高いカテゴリーのアフィリエイトサイトという
という投稿をしました。

【面白い程効果が出るかも?】単価が高いカテゴリーのアフィリエイトサイト
単価が高いカテゴリーのアフィリエイトサイト 単価が高いとされているアフィリエイトのカテゴリー。 インターネットで検索するといくつかに絞...

情報商材は、この単価が高いカテゴリーよりもさらに単価が高いです。

そのためインターネット上に多くの情報商材が溢れます。

ただし、プログラムの中にあるのは「稼げない情報商材」も含まれているため、アフィリエイトサイトの運営には注意しましょう。

3. SEO対策やキーワードの選び方が良くない。

アフィリエイトをする上で、SEO対策は必須項目です。

検索エンジンの上位に表示されて、検索エンジンから、運営しているアフィリエイトサイトに流入が多数ある状態を作る!のが、PV数アップ、さらには収益アップに直結する施策です。

しかしSEO対策は簡単ではありません。

「SEO対策をどのようにしたら良いか分からない?」という方は、「ココナラ」というサイトで1つのサイトに関して対策を依頼し、対策の際に学んだことを活かして次のアフィリエイトサイト制作に挑むというのも良い方法です。

▼ココナラ▼


ちなみに私もココナラを使用した経験があります。

【ココナラ】WordPressでサイトの作り方が分からない・・・そんな時は。
WordPressでサイトの作り方が分からない時は、助け合えば良い!今回は「ココナラ」をご紹介してみました。ご自身が得意なことをサービスとして販売し、逆にWordPressのサイトを作ってくれるサービスを購入する!助け合い!良いですね。またサグーワークスへ登録して、アフィリエイトサイトを作ってもらう資金作りもありです。

アフィリエイトサイトのキーワード選びは非常に重要です。

SEO対策の1つとして「キーワードの選定」があります。

月に50万、100万稼いでいる猛者が狙っているキーワードに勝負を挑んでも簡単に勝てるわけはなく、逆にほとんど検索されないようなニッチすぎるキーワードを狙ってアフィリエイトサイトを作っても収益につながりにくいです。

「ちょうど良いレベルのキーワード」を選ぶことが非常に重要です。

「ちょうど良いレベルのキーワード」の選び方は、私の場合は、Googleのキーワードプランナーを利用して、月間検索ボリュームが10,000以下、競合性が「低」になっているものを選ぶようにしていますが、これはどのようなアフィリエイトサイトを作るのかであったり、カテゴリーやジャンルの選び方によって異なってきます。

アフィリエイトは短期間では稼げない。

アフィリエイトは短期間で稼げるものではありません。
しかし前述したように、指数関数のグラフのようなイメージで稼げる収益が増えていきます。

また稼げる収益が増えている頃には、2つ目のサイトの運営・3つ目のサイトの運営など、様々なジャンルのアフィリエイトサイト制作をしている頃だと思います。

すると、収益が増えるチャンスはさらにアップします。

最初の頃は、時給換算をすると悲しくなるのでやめておきましょう。
むしろモチベーションが下がるので、「絶対にNG」です。

ただ、アフィリエイトサイトの運営期間が長くなった頃には、”y=axのグラフのように、時給換算をした時に自然と頬が緩むような結果になっているかもしれません。

そういった意味では、長い目で継続的にアフィリエイトサイトを運営し、その間ある程度の更新頻度を維持する必要があります。

そのため、アフィリエイトには「向き」「不向き」があると言えます。

短いスパンでまとまった金額が稼げると思ってアフィリエイトサイト運営を始めると確実に、「アフィリエイトは稼げない」という結論で終わってしまいます。

しかしもしかしたら、「稼げなかった」と諦めようとしているアフィリエイトサイトの運営をもう少し長く頑張っていたら、そのサイトは「まとまったお金を稼げる」サイトに変貌するかもしれません。

ある程度長い目で、継続的にコンテンツを更新し、稼ぐための情報を仕入れながらアフィリエイトサイトを運営していくことをおすすめします。

メインコンテンツ以外に収益を得ることができるAdSensemedi8の登録も忘れないようにしましょう!

▼medi8▼

当ブログを最後まで読んでいただき、ありがとうございました。