カエレバでもしもIDと楽天ウェブサービス用のIDを両方登録した場合、売上はどうなる?

カエレバでもしもIDと楽天ウェブサービス用のIDを両方登録した場合、売上はどうなる?AdSense
スポンサーリンク

カエレバ

 

今回のブログのテーマは、
「カエレバでもしもIDと楽天ウェブサービス用のIDを両方登録した場合、売上はどうなる?」
です。

 

物販アフィリエイトでは使わない手は無いツールの1つ、「カエレバ」

次のようなリンクが作れます。

 


 

当ブログでも以前ご紹介させていただいたことがありましたが、物販アフィリエイトをする上で「カエレバ」を使わない手はありません。

 

【カエレバ】複数のサイトの商品を紹介できる便利ツールです☆
medi8とAdSenseに加えてさらに収益を増やす方法として、ASPに登録するという方法をご紹介しました。今回は「カエレバ」というツールを使って、同じ商品を「楽天市場」「Amazon」「Yahooショッピング」「7net」で同時に紹介する方法をご紹介します。無料で使える「カエレバ」、本当に便利です!

 

インターネットで商品を購入する際、Amazon派、楽天派、Yahooショッピング派など、決まったサイトから毎回購入するユーザーの方が多いです。

 

理由は「ポイント」や既にアカウントを有しているかどうかなど様々ですが、「カエレバ」を使うことで、Amazon派、楽天派、Yahooショッピング派に同時に商品を紹介できることは、物販アフィリエイトを行う上で大きなメリットです。

 

AdSenseやmedi8と組み合わせて、収益を大幅に伸ばすことが可能になります。

 

しかし1つ、疑問に思っていたことがありました。

 

「カエレバでもしもIDと楽天ウェブサービス用のIDを両方登録した場合、売上はどうなる?」

 

ということです。

 

カエレバでもしもIDと楽天ウェブサービス用のIDを両方登録した場合、売上はどうなる?


 

結論から言うと、『「もしもID」・「楽天ウェブサービス用のID」の商品リンクの、Cookie(クッキー)が残っている方が成果になる。』という認識で問題なさそうです。

 

Amazonについても同様です。

 

楽天アフィリエイト・もしも・Amazonに直接質問して全て同じ回答でした。

 

「ASP経由(もしもで作ったリンク)よりも本家(楽天アフィリエイトから作ったリンク)の方が優先される」という内容のブログを読んだことがあったので心配していたのですが、そのようなことは無いという回答でした。

 

そうなると気になるのが、「カエレバでもしもIDと楽天ウェブサービス用のIDを両方登録した場合」、カエレバで作られたURLをブログに載せると、どちらが優先されるのか?です。

 

もちろん「もしも」と「楽天ウェブサービス」の両方から成果報酬がもらえることはありません。

 

もしもの方が優先される?

その答えは、パラメーターで判別できそうです。

 

カエレバで作成した商品画像や「楽天市場」「Amazon」「Yahooショッピング」のボタンの上にマウスを合わせるか、右クリックをしてリンクのアドレスをコピーし、貼り付けるとよく分かります。

 

http://af.moshimo.com/af/c/click?a_id=○&p_id○&pc_id=○&pl_id=○&s_v=b5Rz2P0601xu&url=http%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FAirStation%2520HighPower%2520Giga%2520WHR-1166DHP4%2F-%2Ff.1-p.1-s.1-sf.0-st.A-v.2%3Fx%3D0

 

<a href=”リンク先URL?変数名1=値1&変数名2=値2&変数名3=値3&…”>リンクメッセージ</a>

 

上記のようになっていた場合、’?’の後ろがパラメーターとと呼ばれるものになっています。「変数名や値」の項目で、このパラメーターによって、どこのサイトやidからクリックされたかを判別することが出来ます。

 

私の場合、「もしも」「楽天ウェブサービス」の両方を登録していますが、カエレバで作成された「楽天市場」のボタンからのリンクは、パラメーターに「もしも」のidが入っていました。

 

また、売上の比率やクリック数を見ても、「もしも」が優先されていると考えて良さそうです。

 

実際、以前の登録画面は下記のようになっていたようです。

 

カエレバでもしもIDと楽天ウェブサービス用のIDを両方登録した場合、売上はどうなる?

 

現在なぜ「もしも(優先)」→「もしも」に変わってしまったのか、理由は定かではありませんが、以前はもしも(優先)という表記があったようです。

 

もしも(優先)は良い?悪い?

それでは、もしもが優先になるのは良いことか悪いことかを考えてみましょう。

 

■もしもは報酬を現金でもらえる。
■楽天アフィリエイト本家は3,000ポイントまではポイント、それ以上は条件付きで楽天キャッシュ(手数料を払って条件を満たせば換金も可能)。

 

○楽天アフィリエイト本家は高料率の商品がある。
○もしもは下記の記載がある。

Q:報酬率は一律1%ですか?
A:原則1%、紹介先店舗(商品)によっては高料率に対応しています。
高料率の対象店舗(商品)は商品リンクで検索してご確認いただけます。

 

●Cookieの有効期間はどちらも30日間。

 

料率のところが少し気になりますが、もしも(優先)で問題無し!というのが私の個人的な考えです。

 

ちなみに、AmazonのCookieが24時間なのも、Amazonアソシエイトともしもアフィリエイトで共通とのことです。

 

カエレバ Yahoo!ショッピング リンクボタン追加キャンペーン!

現在、カエレバ Yahoo!ショッピング リンクボタン追加キャンペーン!というキャンペーンが実施されています。

 

【概要】

 

「カエレバ」にて、Yahoo!ショッピングリンクボタン追加キャンペーンを行います。

 

カエレバでYahoo!ショッピングのアフィリエイトIDの設定を行い、商品紹介パーツを作成し、記事内に商品紹介パーツを設置していただいたブログやメディアサイトに対して、抽選200サイトに3,000円のボーナス報酬が支払われます。Yahoo!ショッピングへのアフィリエイトリンクが入っていることが条件です。

 

Yahoo!ショッピングには、カエレバ発足時からご協力頂いています。Yahoo!ショッピングを設定に加えることで、より在庫切れがなくなり、より安く購入できるチャンスが広がります。

 

商品紹介パーツを設置し公開したら、エントリーフォームより申し込みください。期間は9/1〜10/31です。

 

ぜひこの機会にYahoo!ショッピングの設定をお願いします。

 

カエレバ Yahoo!ショッピング リンクボタン追加キャンペーン!

 

応募期間:2017年10月31日(火)まで。

 

ぜひこの機会にバリューコマースに登録してYahoo!ショッピングと提携し、キャンペーンに応募してみましょう☆

 

▼バリューコマース▼


 

もしもアフィリエイトの登録もお忘れなく!

 

▼もしもアフィリエイト▼


 

 

以上、
「カエレバでもしもIDと楽天ウェブサービス用のIDを両方登録した場合、売上はどうなる?」
でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました