【過去に投稿した記事の修正】面白い程SEOの効果を発揮することがあります!

【過去に投稿した記事の修正】面白い程SEOの効果を発揮することがあります! AdSense
スポンサーリンク

過去に投稿した記事

「過去に投稿した記事」いじっても大丈夫かな?
私はこれをよく迷っていました。

なんとなく過去の記事をいじると、サイト全体の検索順位に影響が出そうな気がしたからです。

 

ただ、アフィリエイトを始めたばかりの頃のサイトは修正したいコンテンツがたくさんあり、「写真をもっと増やして見やすく」・・・等と考えていると、いじりたくて仕方がなくなっていきました。

 

そして、「過去に投稿した記事」、かなりいじりました。

 

アクセス数が増え、SEO効果が発揮された。

「過去に投稿した記事の修正」をしてしばらく様子を見ていると、アクセス数がアップし、解析サイトでは検索エンジンからの流入「検索キーワード」数が増えていました。

 

アクセス数が増えるということは、当然AdSenseのクリック数アップにつながり、物販アフィリエイトサイトだったので、紹介していた商品の売上件数も1割程増加しました。

 

それからは「過去に投稿した記事の修正」を積極的に行うようになりました。

 

 

 

(特にブログに投稿するネタが無い日に・・・)

 

過去に投稿した記事の修正は効果あり!ただ闇雲にはダメ。

この経験から、「過去に投稿した記事の修正」を積極的に行うようになったのですが、闇雲に修正をしてもダメということも学びました。

 

今まで解析した際に良く見ていた「検索キーワード」のうち、アクセスが減ってしまった単語がありました。

 

解析ツールを使った際に「検索キーワード」として並んでいる単語やフレーズが入っている文章はあまりいじらない方が良さそうです。

 

色々な要因があるかと思いますが、「過去に投稿した記事の修正」によって、その単語・フレーズで検索結果の上位に表示されていたものが、少し順位が下がってしまったのでしょう。

 

ご経験がある方も少なくないかと思いますが、この「少し」がアクセス数や収益に大きな影響を及ぼします。

 

修正をして効果がある文章

闇雲な修正は逆効果です。
ただ、確実に「修正をして効果がある文章」があります。

 

Googleアナリティクスエースアナライザーで、「検索キーワード」を見てみましょう。

 

▼無料アクセス解析【Ace─Analyzer】▼


表示された「検索キーワード」を頭に入れた上で、“Google Search Console”の、これから修正したいサイトのダッシュボードへ移動しましょう。

 

左のメニューの欄、「検索トラフィック」→「検索アナリティクス」と進みます。
すると上の方に、デフォルトでクリック数にチェックが入っていると思います。

 

その横の、表示回数・CTR・掲載順位の3つにもチェックを入れます。

 

 

「クリック数」「表示回数」「掲載順位」に注目してみましょう。

 

 

私の場合、「過去に投稿した記事の修正」は、次の基準で行うようにしています。

 

  • 「掲載順位」11以上30以下で、事前に確認した「検索キーワード」に該当しないもの。
  • 相対的に見て、クリック数は多いのに表示回数が少ないもの。

 

この基準を設けている理由は簡単で、検索順位が11以上30以下であれば、少し手を加えるだけで、検索結果の1ページ目、もっと言えば検索結果の1ページ目の上位にWEBページを並べることが可能になることが多いからです。

 

また、「相対的に見て、クリック数は多いのに表示回数が少ないもの。」は、「クリックされやすいキーワード」「ニーズがあるキーワード」だと考えることができます。

 

アフィリエイトサイトの表示回数を増やすことができれば、必然的にクリック数、アクセス数の増加に結びつくので、収益アップにつながります。

 

まとめ

 

【今回のブログのまとめ】

 

  • 過去に投稿した記事の修正は闇雲にやらなければSEOの効果を発揮することがある!
  • 修正する内容は、修正前に解析ツールを使って計画的に行う。

 

最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました