【文章作成の外注化】複数のアフィリエイトサイトを運用する際に考えたいこと。

【文章作成の外注化】複数のアフィリエイトサイトを運用する際に考えたいこと。 AdSense
スポンサーリンク

文章作成の外注化

これまでのブログで、複数のアフィリエイトサイトを運用することで収益を増やす方法と、「サイト制作を外注化する」という選択肢をご紹介しました。

WordPressで作ったサイトを複製するプラグイン、"Duplicator"
サイトを作って、ある程度記事数とアクセス数を集めることができるようになったら、次はサイトの複製です。サイトの数で勝負ですね。とはいえ、全て手作業でWordPressで作ったサイトの複製を行うのは骨が折れる作業です。そこで、「エックスサーバー」「ドメイン取得」、”WordPress”,”Duplicator”。
【ココナラ】WordPressでサイトの作り方が分からない・・・そんな時は。
WordPressでサイトの作り方が分からない時は、助け合えば良い!今回は「ココナラ」をご紹介してみました。ご自身が得意なことをサービスとして販売し、逆にWordPressのサイトを作ってくれるサービスを購入する!助け合い!良いですね。またサグーワークスへ登録して、アフィリエイトサイトを作ってもらう資金作りもありです。
【サグーワークス】空いた時間のお小遣い稼ぎ以外の使い方☆
「サグーワークス」。文章のライティングでお小遣い稼ぎをすることができるサイトです。もちろん、本来のサグーワークスの利用方法は、ライティングでお小遣い稼ぎです。ただ、アフィリエイトサイトを運営している方、これから運営しようとしている方には別の使い方ができます。サグーワークスでサイト制作やコンテンツのネタ探し!です。

 

文章作成の外注化はアフィリエイトサイト運営の効率化のため

まず最初に念頭に置いておいていただきたいのは、「外注化の目的」です。

「WordPressサイト制作の外注化」は、WordPressでのサイト制作の方法が分からない・・・というアフィリエイトサイト運営の前段階のところなので、効率化を図るためではなく、「アフィリエイトを始めるため」という位置づけです。

 

それに対して「文章作成の外注化」は、複数のアフィリエイトサイトの運営をする上で、文章作成の時間を短縮して、「サイト運営を効率化するため」です。

 

そもそも、「外注化の目的」が異なることに注意しましょう。

 

文章作成を外注化する際の注意点

「文章作成を外注化」する上で注意が必要な事柄がいくつかあります。

 

1.自分で文章を書いてサイトを運営するところから始める。

最初に作るアフィリエイトサイトの文章作成を外注化することはあまりおすすめできません。
それは、どのような内容の記事を書くと検索結果の上位に表示されるのか、商品が売れるのかなど、自分で文章を書いてみて分かることが多くあるからです。

 

そのステップを経験せずに文章作成の外注化をしてしまうと、

  • どのような文章の作成を依頼すれば良いか分からない
  • 費用ばかりかかってしまって売上につながらない
  • どの商品をどの切り口で紹介すれば良いか分からない

といった事態になる可能性があります。

 

「文章を書くことでしか文章力は上がらない」と言われています。
まずはご自身が作ったサイトで、少ない金額でも問題ないので収益を得る喜びを覚えた上で、次のステップとして「文章作成の外注化」に進みましょう。

 

その方が効率化にも収益増にもつながり、無駄なお金を使わずに済みます。

もちろん、「WordPressでサイト自体の作り方が分からない」・・・という場合に関して、サイト制作の外注化に関しては全く問題ないです。

 

 

2.サイト全体の構成を考えた上で文章作成の外注化を行う。

「テーマ」「キーワード」「サイトのページ数」「デザイン」「売りたい商品のニーズ」など、サイト全体の構成をしっかりと固めた上で外注化を始めるようにしましょう。

当サイトでご紹介しているアフィリエイトサイト運営は、ASPで提携したアフィリエイトプログラムAdSensemedi8をうまく組み合わせて収益を増やす方法です。

medi8とAdSenseに相性の良いアフィリエイトサイトを作る(サービス組合せ編)
前回のブログで、medi8とAdSenseに相性が良いアフィリエイトサイトについて記載してみました。今回はご自身の趣味を輪切りにしたテーマのアフィリエイトサイトを作るという部分に焦点をあてて、medi8とAdSense以外のアフィリエイトサービスと組合せて収益増を図る方法という内容でブログを書いてみたいと思います。

 

まずはアフィリエイトサイトを検索結果の上位に表示させて多くの人にサイトを訪れてもらい、広告をたくさん表示させること、クリックしてもらうことが重要です。

 

そのための方法として、「趣味の輪切り」でライバルを減らす方法をご紹介しました。

medi8とAdSenseに相性の良いアフィリエイトサイトを作る(サイトのテーマ選び編)
medi8とAdSenseのブログを掲載するにあたり、相性の良いアフィリエイトサイトの作り方について考えてみたいと思います。まずは多くの人に見てもらえるサイトを作ることが基本です。それでは、多くの人に見てもらえるアフィリエイトサイトを作るにはどのようにしたらよいでしょうか?今回は、テーマ選びについて記載します。
【サグーワークス】空いた時間のお小遣い稼ぎ以外の使い方☆
「サグーワークス」。文章のライティングでお小遣い稼ぎをすることができるサイトです。もちろん、本来のサグーワークスの利用方法は、ライティングでお小遣い稼ぎです。ただ、アフィリエイトサイトを運営している方、これから運営しようとしている方には別の使い方ができます。サグーワークスでサイト制作やコンテンツのネタ探し!です。
【物販アフィリエイト】アフィリエイトで紹介する商品に困ったら・・・
AdSenseとmedi8をメインに、ASPの広告リンクを交えて商品紹介をすることで収益増を図る方法を何度かブログでご紹介してきました。今回ご紹介するのは、「趣味ではない」がサイトのテーマにしてコンテンツを作れそう!という商品を紹介する方法です。「カエレバ」を使うのでもしもアフィリエイトに登録しておきましょう。

 

「文章作成の外注化」に関しても基本的な考え方は同じです。

「趣味の輪切り」と同じ考え方で、検索結果の上位に表示させることができるように、アフィリエイトのネタとなる商品やサービスを紹介するための切り口を工夫してライバルを減らす方法を考えます。

 

「旅行」というテーマよりも「国内旅行」、「国内旅行」よりも「温泉旅行」、「温泉旅行」よりも「箱根 温泉」などのように輪切りにしてカテゴライズし、「テーマ」「キーワード」を決めます。

 

次に「サイトのページ数」です。
私の場合、「外注化」しているブログに関しては、10ページから20ページ程度を意識して作るようにしています。

 

これは、AdSensemedi8などの「サイトの審査を突破するため」です。
サイトのコンテンツが少なかったり内容が薄かったりすると、(※禁止事項に該当する部分がないことが前提です)審査を突破できません。

 

デザインはWordPressであれば、「テーマの選択」「プラグインの選択」ということになります。

有料ですが「賢威」などのSEO対策が最初から施されているテーマが販売されているので、検索結果の上位に表示させるためにそのようなテーマを購入して利用することも近道の1つです。

 

▼賢威▼


スマートフォンからアクセスする人が非常に多い昨今ですので、「レスポンシブデザイン対応」になっているテーマを選ぶようにしましょう。

 

最後に、「売りたい商品のニーズ」です。

 

もし仮に「箱根 温泉」をテーマに書く場合、「箱根 温泉」と検索する人のニーズが何かを考えてみましょう。

「温泉宿の検索」「日帰り温泉の検索」「観光スポットの検索」など、色々な目的が考えられそうです。

例えば、「温泉宿」「日帰り温泉」「観光スポット」のそれぞれについて10~20記事程度用意することが出来るのであれば、3つのサイトに分けて運営することが可能です。

もしそれぞれのキーワードで10~20記事は難しく、3つ合わせれば10記事~20記事になるという場合は1つのサイトで運営します。

 

アクセスを集めることが出来るサイトであれば、1つのサイトより3つのサイトを運営した方が収益を多く得ることができる可能性が高いです。

 

ただし、闇雲にサイト数を増やすために内容の薄い記事を無理やり20記事用意してもあまり意味がありません。

内容が薄い記事はアクセスが集まりにくいからです。

 

そのあたりがアフィリエイトの面白いところであり、腕の見せどころです。
コンテンツの「密度」「濃度」の調整です。

 

まとめ

文章が長くなってきたので、続きは次回のブログで書いてみたいと思います。

 

【今回のブログのまとめ】

  • 「WordPressサイト制作の外注化」であれば最初のアフィリエイトサイトでもO.K.
  • 「文章作成の外注化」は、まずはご自身が作ったサイトで、金額が少なくても収益を上げる喜びを知ってから。
  • 「文章作成の外注化」は、「テーマ」「キーワード」「サイトのページ数」「デザイン」「売りたい商品のニーズ」などのサイトの構成を固めてから。

 

最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました