medi8とAdSenseに相性の良いアフィリエイトサイトを作る(サイトのテーマ選び編)

medi8とAdSenseに相性の良いアフィリエイトサイトを作る(サイトのテーマ選び編)
スポンサーリンク

medi8とAdSenseに相性が良いアフィリエイトサイト

前回、前々回と2回に渡って、medi8AdSenseについてご紹介してきました。

medi8・・・それはAdSenseでなかなか稼げない人の救世主です。
medi8をご存知でしょうか?medi8はAdSenseと似たような、ブログから収益を得るためのサービスなのですが、AdSenseとは仕組みが違います。クリックされなくても多くの人にブログを見てもらうことによって収益を得ることができます。medi8・・・それはAdSenseでなかなか稼げない人の救世主です。
[★簡単★]medi8の登録・設定・広告掲載のフロー
[★簡単★]medi8の登録・設定・広告掲載のフロー。前回、medi8がAdSenseでの収益化に苦戦している人にとって救世主になる!という内容のブログを書きました。今回はその続編で、medi8の登録・設定・広告掲載のフローについて記載してみたいと思います。ZONE(ゾーン)等聞きなれない言葉が並んでいますが簡単です!

今回はその続編。
medi8AdSenseのブログを掲載するにあたり、相性の良いアフィリエイトサイトの作り方について考えてみたいと思います。

medi8の課金モデルはCPMAdSenseの課金モデルはPPCRPMです。

  • CPM・・・Cost per thousand impressions
  • PPC・・・Pay Per Click
  • RPM・・・Revenue Per Thousand Impressions

なんだか混乱してきますね。

medi8の報酬モデルはなんですか?

medi8はCPM(Cost per thousand impressions)という課金モデルです。広告1,000回表示につき、報酬が発生いたします。クリックでの報酬発生ではありません。

(medi8の公式サイトより)

PPC(Pay Per Click)は文字通り、1クリックごとの支払い。

RPMはインプレッション収益。

インプレッション収益(RPM)

インプレッション収益(RPM)は、表示回数 1,000 回あたりの見積もり収益額を表します。インプレッション収益は実際の収益額ではありません。見積もり収益額をページビュー数、表示回数、またはクエリ数で割り、1,000 を掛けた値です。

計算方法:
インプレッション収益 =(見積もり収益額/広告表示回数)×1000

次に例を示します。

  • ページ ビュー数 25 回での見積もり収益額が 0.15 ドルの場合、ページのインプレッション収益は(0.15 ドル/25)×1,000 = 6 ドルとなります。
  • 広告の表示回数 45,000 回での見積もり収益額が 180 ドルになる場合、広告のインプレッション収益は(180 ドル/45,000)×1,000 = 4 ドルとなります。

インプレッション収益は広告プログラムでよく使用される数値で、チャネルごとの収益を比較する際に役立ちます。

さらに複雑になりますね。

アフィリエイトの勉強会に参加すると、この辺り、細かく教えてくれたりするのですが、要するに多くの人に見てもらえるサイトを作りましょう!という結論に至ります。

まずは多くの人に見てもらえるサイトを作って、広告の配置場所等、テクニックを使って収益増を図るのはその後にしましょう!と教えてもらいました。

当然といえば当然です。
ただ、シンプルに考えるとゴールまでのルートを考えやすくなります。

多くの人に見てもらえるアフィリエイトサイトを作る

これが基本で1番難しいところかと思います。
法人や複数人でサイトを運営している人がいたり、アフィリエイトで生活している人もいます。

しかし、GoogleやYahoo!の検索は、その人がどのような状況でアフィリエイトをしているのかではなく、サイトの内容や作りを元に、検索した時に表示される順位を決めます。

「キーワード」の選択が重要!と言われるやつですね。

「SEO」という言葉を聞くことが多いかと思いますが、「キーワード」の選択はとても重要で、企業や稼いでいるアフィリエイターの人は、「キーワード」SEO対策の1つ、つまり検索エンジンに自分のブログを上位表示させるための手段の1つに利用します。

ここがまたサイト作りの面白いところで、お金を掛けて検索順位を上げよう色々対策をしているサイトとそこまで離れていない場所に、GoogleやYahoo!の検索結果で、個人のブログが表示されていることがあります。

もうお気づきかと思いますが、副業のアフィリエイターが作りたいサイトは、SEO対策にお金(時間も)を掛けずに、検索した時に上位になるサイトです。

検索エンジンの上位になるサイトを作る

Googleはこれまでに何度か、検索エンジンの仕組みをアップデートしています。
目的は色々あるかと思いますが、「検索したユーザーが見たいサイトが上位に表示されるため。」とまとめることが出来るでしょう。

「検索したユーザーが見たいサイト」とはどのような内容のサイトでしょうか?

それはおそらく、「調べたいことを調べることができるサイト」「興味があることの知識を深めたり、情報を得ることができるサイト」であるかと思います。

副業のアフィリエイターが個人で作れる、「調べたいことを調べることができるサイト」「興味があることの知識を深めたり、情報を得ることができるサイト」で、「SEO対策にお金(時間も)を掛けずに、検索した時に上位になるサイト」となると、サイトの内容はかなり限られてくると思います。

例えば・・・

  • ご自身の趣味をテーマにしたサイト
  • ご自身がお仕事で得ることができる専門的知識をテーマにしたサイト

・・・etc…

後者をテーマにすれば、副業のアフィリエイトサイトのためだけでなく、本業のスキルアップに繋がる勉強をするきっかけになったりモチベーションアップになって、お金を稼ぐこともできて、一石二鳥、一石三鳥です。

ただし、本業のことですので、書いて良い内容・書いてはダメな内容があるかと思います。
その部分の判断は注意しましょう。

逆に前者に関しては、元々興味がある内容のことなので、文章を書きやすく、趣味に関することは検索エンジンで調べた経験がある方も多いかと思うので、どのようなサイトが上位に表示されているかをご存知だと思います。

そして、検索エンジンの上位に表示されるためには、「調べたいことを調べることができるサイト」「興味があることの知識を深めたり、情報を得ることができるサイト」であるので、副業のアフィリエイターの人がテーマを選ぶ際には、趣味や専門的知識に関する内容を輪切りにして、ライバルが少ない内容をテーマに絞ると結果につながりやすいです。

例えば、趣味に関してであれば、

  • 場所(関東圏、東京都、〜区など)
  • 手段や道具
  • 裏技

といったように、趣味の内容を輪切りにして、輪切りにした内容ごとのブログを作ります。

そのようにすることで、輪切りにした1つの分野について、深い内容があるサイトを作ることができ、「調べたいことを調べることができるサイト」「興味があることの知識を深めたり、情報を得ることができるサイト」で、「SEO対策にお金(時間も)を掛けずに、検索した時に上位になるサイト」にしていくことができます。

まとめ

medi8AdSenseに相性の良いアフィリエイトサイトを作る(サイトのテーマ選び編)をまとめます。

  • 多くの人に見てもらうことが出来るサイトを作る。

そのためには・・・

  • 「調べたいことを調べることができるサイト」「興味があることの知識を深めたり、情報を得ることができるサイト」で、「SEO対策にお金(時間も)を掛けずに、検索した時に上位になるサイト」を作る。

その方法は・・・

  • ご自身の趣味
  • ご自身がお仕事で得ることができる専門的知識

を基本的なテーマにし、その内容を輪切りにして、ライバルが少ない内容をテーマに絞る。

良かったら参考にしてみてください。

次回のブログは、medi8AdSenseと別のアフィリエイトサービスを組み合わせて収益を増やす方法について記載してみたいと思います。